分からない場所

彼と私は良い友達です。
一緒に居てとても楽な気持ちで過ごす事も出来ましたし、
特に会わなくてはならないという関係性に無いだけに、ニュートラルな気持ちで向き合うことも出来ました。

私たちはお互いに話したいこと・相談したいことについては話していましたが何かを聞くことはありませんでした。
お互いに「聞かれる」という事を好まないと何となく察し合っていたのかもしれませんね。

「2人はとてもお似合いなのに付き合わないの?」
と、友達はよく言っていました。
その時は「今の関係で満足」という気持ちが強かったのですが、少しずつ恋愛を意識するようになっていったのです。

それからは少し悩ましい日々を続けることになりました。
私の「本音」はどこにあるのか・今私が抱いている「好き」は友達としてのものなのか・恋愛感情なのか。
全てが分からない状態でした(苦笑)

結局のところ、本当なんて自分自身では分からないものなのかもしれないと思いました。
そして恋愛感情は、きっと当たり前だけれど分からないところにあるものなんだとも感じたんです。

当たり前の日々の中で自然と彼に気持ちを寄せて行ったのですから、
その気持ちだけを考えよう。理屈で考えるのは止めようと思いました。

それからはスムーズに関係は進展し、お付き合いがスタートしました。